イメージを伝える

公園

日本で最も都会である東京でも、野菜や果物などの作物が育てられています。
様々な種類の作物が育てられている中で、東京ならではと言えるのが江戸野菜です。
江戸野菜とは、東京で江戸時代から作られてきた伝統野菜と、明治から昭和30年代頃まで盛んに作られていた野菜のことです。
例えば、江東区亀戸で栽培された短めで先の尖った大根を亀戸大根と呼びます。
また、今や全国に広がっていますが、葛飾区東金町で栽培されていた小かぶは金町小かぶと呼ばれています。
他にも寺島茄子や馬込三寸人参など、色々な種類があります。
家庭で食べることもできますが、その際には江戸野菜ならではの味に合ったレシピにすることが大切です。
また、現在東京都内には江戸野菜を中心としたメニューを出すレストランも多く存在します。

東京といえば立ち並ぶビル群や賑わう喧噪をイメージしますが、意外と自然豊かな地域もあります。
特に奥多摩地域には、観光に適した景勝地が数多くあります。
気軽に行ける場所としては奥多摩湖があります。
これは人口の湖ですが、広いので楽しく散策することができます。
ハイキングには鳩ノ巣渓谷、奥多摩むかしみちが人気です。
また、雲取山や高水三山、御前山など登山に適した山もあります。
また、日原鍾乳洞に行けば、都内にいながら涼しい幻想的な世界を楽しむことが出来ます。
奥多摩のように地域全体に自然が溢れているような地域まで行かなくても、都心でもその自然の一角を感じることは可能です。
例えば、新宿御苑や原宿の代々木公園などがあります。